スムージーについて

新鮮でローコストで作れる

数年前にブームとなったグリーンスムージーですが、その人気ぶりは健在ででまだま愛飲者はおり、固定化されつつあります。特にこれから夏のシーズンが始まるにあたり、スムージーは様々な場所で販売され販売効果も期待されます。ただ、やはり健康効果、美容効果を考えるならば、自宅で手作りで作ったスムージーがよいでしょう。さらに自宅で作ると費用の面でも抑えられ、経済的です。例えばグリーンスムージーの場合、野菜と果物と水以外は入れないので、冷蔵庫にある食材で作る事ができます。具材にもよりますが、高くても一杯500円以下で作ることができますし、何よりも新鮮な健康ドリンクとしてはお得だと思います。また朝飲めば朝食代わりにもなります。

スムージーの作り方と最近のトレンド

これまで、スムージーは野菜や果物をミキサーにかけえれば、誰もが簡単に作ることができるとされていますが、最近では作り方にも工夫するように言われています。例えば、スムージーはあくまでも「ミキサー」にかけて作るとされていますが、ミキサーで野菜等を砕くと、酵素が壊されダイエット効果が半減してしまいます。そのため、ダイエットを目的としてスムージーを飲みたいのであれば、酵素を破壊しないジューサーを使用したほうがよいでしょう。一方、ジューサーの場合繊維は含まれないので、便秘改善などを求めるひとは、ミキサーを使用してスムージーを作った方がよいでしょう。 また最近では粉末を混ぜるだけでスムージーができるタイプも人気です。この場合、ミキサーもジューサーも野菜も果物も不要なので、かなりのローコストでできますし、手間もかかりません。